スポンサードリンク

2009年09月10日

生活習慣による肌荒れ

生活習慣による肌荒れも、ご自分自身が注意を払うことによって、すぐにでも改善ができることです。

ですから、早めにお伝えしています。
加齢によるホルモンバランスなどは、自分自身ではどうにもしようがないことですが、毎日の洗顔にちょっと注意を払ったり、生活習慣を見直したりすることで、いくらかでも肌荒れが改善するのであれば、それにこしたことはありません。

たとえば、睡眠不足などはお肌の大敵と言われています。
肌荒れはもちろんのこと、毛穴の開きや、吹き出物、キメが整わない、クマが目立つ、顔色がさえない・・・などなど、さまざまな症状を引き起こしてしまいます。

しっかりと睡眠をとった朝のお肌を覚えていますか。

しっとりとキメが整ってかさついている部分など見あたりませんよね。
血色も良く、ハリもあり、クマも目立ちません。
毎日のように睡眠不足を繰り返していると、肌は常に良くない状態のままになってしまいます。

また、午後10時から午前2時までがお肌のゴールデンタイムといわれるように、できるだけ12時前には寝てしまうようにしましょう。

よく聞かれるとは思いますが、喫煙も本当によくありません。
若いうちは、あまりお肌の良し悪しに差がないように思うでしょうが、少し年齢を重ねてくると、その差は歴然としてきます。

ビタミンCの大量消費やニコチンなど体内からの影響もありますし、煙がお肌に直接接することから、肌荒れがひどくなる場合もあります。
本気で肌荒れを改善したいのであれば、それをきっかけにしてタバコを止めてしまいましょう。
posted by 肌荒れ at 14:15 | TrackBack(0) | 肌荒れ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。